台湾・高雄にあるもう一つの沖縄!?小琉球島の旅行体験談!

この記事をシェアする

小琉球

今回私が紹介するのは台湾にある小さな離島、小琉球島です!

台湾には何度か行ったことはあったのですが離島には一度も行ったことがなくそもそも離島の存在をしりませんでした。

色々前情報として調べたのですが台湾の最南端に位置すると目にしたので台北など北部に行ったことがなかったのでとても興味が湧きました。

台湾の桃園空港までは格安線のチケットを手配し往復でだいたい3万円ほどでした。

 

今は探せば1万円ほどでチケットが手に入る航空会社があるみたいなので海外旅行をしたことがない初心者には台湾旅行はとてもおすすめです。

私が今回小琉球島の旅のプランとして3泊4日の日程でのんびり台湾の離島の雰囲気を味わおうと考えていました。  

 

まず一日目は朝の10時くらいに桃園空港に到着しました。

日本と台湾の時差は1時間しかなく時差ボケはまったくありませんでした。

しかし日本とは気候がかなり違っていてなかなか暑かった上に湿度も高く流石台湾って感じでした。

空港からは台湾の新幹線の駅に向かうシャトルバスが運行していてそれに乗って新幹線を乗りに行きました。

桃園駅から南下し終着の左営駅まで乗ります。

新幹線の中はクーラーがきき、座席間も広く快適に座ることができました。  

 

約2時間ほどで左営駅に到着、そこから東港というところにタクシーで向かいフェリーにのって小琉球島へ行きます。

フェリーは30分間隔で運行していて割と本数がありました。

小琉球島に着くと予約していた旅館に電話すると旅館のオーナーがフェリー乗り場に迎えに来てくれます。

この島全体の旅館がそういうシステムらしくて雰囲気的にも暖かく、島の住人もすごく優しいです。  

私が泊まった旅館は食事がついてなくシャワーやwifi付きの設備のそろった部屋でした。

旅館のオーナーに自分が日本人だと伝えるとにこやかに歓迎され、話によるとこの島の人達は日本人が大好きらしいのです。

それは決して悪い意味ではなく使っている家電やバイクが日本製のものが多く日本に対して親しみを覚えているからだそうです。

日本好きの台湾人は実際かなり多いです。

部屋に荷物を置き島のグルメを楽しむことにしました。

小琉球島は海鮮料理が有名らしく、あちこちに~~魚の文字が書いているのですが中国語なのでほんのちょっとしかわかりませんでした…。  

 

小琉球

とりあえず海の家的な外観のレストランに入りそこの名物のハンバーガーを注文しました。

台湾に来てハンバーガーかよと思うかもしれませんが、鬼頭刀魚という何とも禍々しい名前の魚のフライのハンバーガーなのです。

その名前の面白さから注文してしまいました。

後で調べたのですが鬼頭刀魚は日本語でシイラという魚らしいです。

ハンバーガーの味はあっさりしていてとてもおいしかったです。

割と長い移動時間のせいであとは旅館でゆっくりしてました。  

 

小琉球

二日目は島の中心部をめぐることにしました。

小さな島のわりにはショッピング施設も充実しており、小琉球島ならではのグッズを手に入れることができます。

私が目にした良さそうなお土産はひねり揚げのようなお菓子です。

ひねり揚げ自体には味が無くピーナッツや砂糖の味を付けたものがよく売られていました。

店の前でおばちゃんたちが会話しながら楽しそうにつくっていました。  

この緩い感じも台湾ならではだと思います。

他にもこの島のシンボルであるウミガメをモチーフにしたTシャツやキーホルダーも売られていました。

とくに女性や子供たちに人気の商品みたいです。  

そしてなんと三日目は小琉球島を一周しました! とは言っても小琉球島は3,4時間あれば一周できるほど小さいのです。

一周して気づいたのですが小琉球島の見どころは絶景スポットにあると思います。 特に感動したのがお寺です。

 

小琉球

台湾のお寺は日本とは違い、色鮮やかで力強い装飾の豪華絢爛なお寺です。

その迫力には日本人は誰しもが驚くはずでしょう。

島内にはそのお寺が多数存在しておりそれぞれちがった魅力があるのでそれを見比べ回ってもよいかもしれません。  

 

小琉球

他には綺麗な海を楽しむことができます。

小琉球島は全体的に海面から突き出しているので高いところから海一面を見下ろすことができます。

天気が良いと海がエメラルドグリーンに輝き絶景を目にすることができるようなのですが、私が行ったときは運が悪くエメラルドグリーンには光ってませんでした。

夕日が海に沈んでいく様子は圧巻で、日本では味わえない光景がありました。  

まだまだ楽しめるスッポトはたくさんあるみたいで結局時間が足りませんでした。

しかし台湾は今や最も手頃に行ける外国で、思ったよりも簡単に行けるので時間のある時にゆっくりまた楽しみたいと思います。

小琉球島は他にもシュノーケリングやダイビングもできるそうなのですがそれはまた来た時のためにとっておきました(笑)。  

まだ台湾に行ったことが無い人は是非行ってみてください。

南国ならではの情熱的な文化や住んでいる人たちに出会えます!!