日本人に優しい街!トルコ・カッパドキア観光でするべき2つのこと!

この記事をシェアする

カッパドキア

トルコと言えば何をイメージされますか?

近年は、シリアをはじめとする周辺諸国の治安悪化に伴いあまり良いイメージを抱かないでしょうか?

たしかに、時々イスタンブールなどでもテロが起こったりしています。

しかし、そのような心配は必要ありません。

私は2017年の8月にトルコを旅したのですが、そのような危険は感じられませんでした。

その中でも、特におすすめであるトルコの中央アナトリア地方に位置するカッパドキアについて今回は紹介しようと思います。  

 

 

気球に乗って世界遺産を空中から眺望

カッパドキアと言えば、気球と言っても過言ではないほど気球は有名です。

気球は早朝の6時から7時頃にかけて、天候が良ければカッパドキアの空を彩ります。

カッパドキアに行けば、必ず気球に乗って欲しいと私は思います。

たしかに7000円~10000円ほどの値段がすることは事実なのですが、そのお金を払ってでも乗る価値はあります。

ツアーはどこの会社を選択しても、朝4時半ごろから開始されることが多いので、早起きだけは頑張ってしてください。

ちなみにカッパドキアには、気球ツアーに関する旅行代理店が無数に存在します。

今回は、その数ある旅行代理店の中でも特におすすめの旅行代理店を紹介しようと思います。

それは「angelos travel」という旅行代理店です。

この旅行代理店の最大の魅力は、日本人に対して本当に優しいということです。

その理由は、この旅行代理店にて勤務されているトルコ人が、日本での留学経験もあり日本のことが大好きだからです。

このトルコ人は、基本的に毎日夕方から夜にかけてこのお店で働いてます。

また、このトルコ人は日本語も話すことができるので、気球ツアーに関する相談を日本語で親身に応じてくれます。

さらに、日本人であることを証明すると、日本人割引まで行ってくれます。

私は、パスポートを提示することでこの特別割引をしてもらいました。

このお店では、多くの気球ツアーを取り扱っていますが、その中でも特におすすめは、「Cappadocia balloons」という会社です。

この会社は、このカッパドキアにて初めて気球を飛ばした会社であり、1991年に創業して以来1度も事故が起きていません。

つまり、最も伝統のある安全な気球会社であると言えます。

その前評判通り、実際に技術の優れた方が気球を運転してくださり、最高の気球ツアーを体験することができました。

このような素晴らしい気球ツアーを紹介してくれた、日本のことが大好きなあのトルコ人には、とても感謝しています。

 

 

 

バギーツアーに参加してみるべし

カッパドキアには、気球ツアーのみでは無くもう1つおすすめがあります。

それは、ギョレメ国立公園やカッパドキアの岩窟群を周遊するバギーツアーです。

私は、気球ツアーを申し込んだ「angelos travel」という旅行代理店にて、このツアーを申し込みました。

このツアーも日本人割引と言って、日本円にして2000円ほどにまで割引してくれました。

ちなみに、このバギーツアーには普通自動車運転免許などの資格は必要ありません。

1~4時間といったいくつかのプランがありますが、個人的には2時間ツアーをおすすめします。  

 

また、夕方のサンセットの時間帯に合わせて参加することをおすすめします。

その理由は、サンセットの時間帯に参加すると、特別にサンセットスポットに連れて行ってもらうことができるからです。

それぞれの特徴的な岩のスポットにて、バギーを止めて散歩できる時間も用意されているので、カメラを持って写真を撮ることができる時間もあります。

ぜひ、持って行って参加してみてください。

 

 

カッパドキアへのアクセス

カッパドキアへは、日本からの直行便はありません。

日本からカッパドキアへ向かう場合は、イスタンブールを経由してからカッパドキアへ向かうことができます。

今回は 2通りのアクセス方法を紹介しようと思います。

 

飛行機の場合

イスタンブールからカイセリ空港へ向かうフライトに乗ることをおすすめします。

時間帯や時期にもよりますが、ペガサス航空というトルコのLCCを活用すると、最も安い場合は2000円ほどで乗ることができます。

カイセリからカッパドキアへは、バスがたくさん走っているので、そのバスに乗って向かって下さい。  

 

バスの場合

トルコは、バスの交通網が本当に良く優れています。

イスタンブールからカッパドキアへも、もちろんバスは走っています。

10時間ほど時間はかかりますが、値段は2000円ほどであることが多いです。

トルコには、オトガルと呼ばれるバスセンターがあるので、そこでバスのチケットを予約してみて下さい。  

 

 

最後に

私が旅行代理店にて会ったトルコ人は、最後に私にこのようなことを言いました。

「日本人は、かつてこの街の33%を占める観光客でした。 しかし、シリアでの紛争や周辺諸国・トルコでのテロの影響を受けて、日本人観光客は激減しました。私たちトルコ人は日本人のことが大好きです。これからも日本人がこの街に来てくれることを心から祈っています。」  

トルコ人が、日本人に対して優しいということは事実です。

その理由の1つとして、過去に和歌山県沖にてトルコ人が乗船していた難破船を日本人が救ったことがあるみたいです。

そのことを今でもトルコ人が良く思ってくれているから、トルコに来る日本人に対して親切にしてくれるみたいです。  

実際、トルコを旅している時に多くのトルコ人が日本語で話しかけてくれました。

日本人に優しい街・カッパドキアぜひ1度自分の足を運んで訪れてみて下さい。